注意点

ここだけ注意しよう!レーシック手術

レーシックを受けるときや受けた後には、後悔しないようなものにしてください。
よくあるのがせっかくレーシックを受けたのに、結局元の視力に戻ってしまったといったことです。
これはあまり発生することはありませんが、レーシック手術後のケアがしっかりとしていないと、元に戻ってしまうことがあるようです。

そのため、レーシックで気をつけなければならないことは、レーシック後のケアということになります。
レーシックを受けた後は、自宅に帰ることができますが、次の日に検診を受けることになります。
定期健診は、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月、半年という感じで少しずつその期間が長くなっていきます。

この定期健診は怠らないようにしてください。
自動車の定期点検は怠っても大丈夫ですが、人間の体の定期検診は絶対に怠ってはいけません。
特にレーシック手術後の定期検診はとても大切なステップになっています。

レーシック後に起こる副作用としてドライアイもあります。
ドライアイはどの患者にも起こる症状ですが、眼がとても乾きやすい状態になっています。
ドライアイは数ヶ月で収まりますが、市販の点眼薬ではなく、必ず医師が処方した点眼薬を使用するようにしてください。

自動車の運転は、3日後以降に行いましょう。
しかし、夜間はハロやグレアの現象が起こりやすくなります。
光の加減で見えにくくなることがありますので、夜間の自動車の運転は数ヶ月は止めておきましょう。

再び近視になることを防ぐには、パソコンやゲームを長時間使用することは避けたり、暗い状況でスマホを使ったりするのを止めたりすることです。
レーシックをしたからといって、同じような生活をしていれば、眼に負担がかかってしまい視力も落ちてくることがあります。
せっかくレーシックをしたのに、また元に戻ってしまったのでは、意味がありません。
レーシック手術に関して、一番の注意点としてはこうした生活習慣を少し改めることなのかもしれません。
レーシック後のアフターサービスについての記事も参考にご覧ください。

このページの先頭へ